« 昨日よりマシ | トップページ | 出勤 »

2007年11月 5日 (月)

初カイロ

今日は朝から形成外科へ...
診察まで約1時間待たされたのに診察は約1分ですょ...
そして会計で30分くらい待たされる...
あんな病院もうイカねーよっ(^^メ

午後は母上の行き着けのカイロプラクティックに逝く.
初カイロだったので不思議体験でした(^^;
暫くは週2回ほど通う予定です...

そしてソフトカラー巻いていれば仕事していいと言う事なので
明日から出勤予定.
もうちょっと休みたい気はするけど
コレ以上休むとダレ過ぎそうなので頑張ります..


本日の視聴読
・こむちゃっとカウントダウン(11/3) ...ゲストは福井裕佳梨. 死にそうな鶏(笑)


おまけ

Koron_20071101_ころん + ピュアニーモA改


上目遣いの ころん は何か企んでるように見える.....




.
s

|

« 昨日よりマシ | トップページ | 出勤 »

コメント


はじめまして!記事を読みました!カイロのとこが気になりました。宜しければ、こちらを参考にしてみて下さい。http://www.chiroinfo.org/topic8.html
日本のカイロは法規制がありませんので、誰でも自由に開業ができます。3ヶ月の通信制などで開業する人があとをたちません。事故も頻繁におきています。日本のカイロ学校は半年~1年、2年です。学校を卒業後、本当の患者さんを練習台にして腕を磨きます。カイロ師はピンからキリです。下手な治療を受けると、そのときは 気持ち良く楽になります。しかし、自分が知らないとこで健康な間接が微妙にズレて、バランスが崩れたりします。その後しばらくして、ヘルニアや原因不明の慢性病になったりします。なのでカイロ師はよほど慎重に選ばないと危険です。今現在日本のカイロで最高に良質で安全といわれているのは、「国際基準認定のカイロ」です。欧米のカイロ専門医学大学を(4年~6年=4200時間以上)で、「高度な質」のカイロを習得します。大学卒業まで2年かけて、卒業課題で250人の患者の治療をして、臨床経験積んでから卒業します。「国際基準のカイロとは、医師同等の教育を受けたカイロプラクター」の事です。米国では「カイロ専門医師」として、医師免許が与えられています。日本の国際基準正規の認定カイロ師は、米国政府公認カイロ師かオーストラリア国公認カイロ師の2通りが大半です。米国公認は平均より割高な治療費が多く、オーストラリア国立公認は平均的な治療費で、他院とかわりません。WEBで国際基準認定の治療院を検索できます。治療費も他院と同じです。良い治療院を選ばないと、せっかく高い治療費をだしているのに、よくなるものも良くならないと思います。是非参考にしてみて下さい。もし、この文章が御不快でしたらお許しください。

投稿: タッキー | 2007年11月 6日 (火) 22時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 昨日よりマシ | トップページ | 出勤 »